墓穴掘りの墓場:2008年02月
TOP > 2008年02月

2008年02月 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.21

ふおぉぉぉぉっ!

tg.jpg
急なメンテですっかりクリブロクエ進行のやる気が無くなった今日この頃ですw
200Lvになったので早速狩りはクリDでb
cd.jpg
うーんうまいんだけどやっぱし痛いです(ノд`)・゚。
何度も死んでようやく気付く

手裏剣ステだからAGIステだけで足りるじゃん(つ∀`)

てなわけで服を脱いで鎧装備に^^; これで事故死もなくなりましたorz
それにしてもPOTがかさむので迷惑のかからない範囲でADへの公平も考えていかないとな~と、POT破産は勘弁です(´・ω・`)

染色も折角なので200染色してみました(´∀`)
っていうか通常染色より簡単すぎてなんだかなぁ^^; せめてクノ鎧100個とかのほうが面白みあるんじゃないかと^^;
クラメンいろいろのほほんとたまり場に集合中~♪
約一名何故かペットにたかられていますw

200になってから今日まではかなり廃なペースで狩って来ましたが週末は札幌での用事~関西戻っての同人の打ち合わせなんかで忙しくて狩れなさそうです(ノд`)・゚。ウウッ
春の間に240行きたいなぁ~ 240にいったらCP13-2もいかないとね~ぁーやりたいけどまだまだ先だな~^^;
スポンサーサイト

2008.02.20

おかげさまで!

さてさて試験も終わってウィーバーライフを久々に楽しんでおります、なのでkひさびさにウィバのSSでも貼って見るかな
まずは久々の高額ドロップ
aama.jpg
って日付試験期間中じゃまいか(’A`)
/(^o^)\なにやってるんだ自分
そしてそろそろLv200だなぁ~とするとXD3にいける、ADも視野に入れたステに振り始めないとってことで手裏剣ステにしてみました~Aはブレカンスト、Xも200以上振れてるしいい感じです、手裏剣のおかげで範囲だけに関しては火力が下がった気はしないかな~、ディレイ0の威力恐怖です
dg.jpg
単発威力は寂しい物^^; だけど恐ろしく連射が効くので余裕で殲滅b溜め込む心配も無かったです、ただHPが有る程度削られちゃうのがちょっとなぁ^^; A上限ですが油断すると事故死の可能性が(ぁぅぁぅ

そしてみーなさん、
200Lv達成いたしました^^ 
ワーイ 相方テチsクラブのみんなもアリガトー(><; これからもヨロシクお願いします。うちも200↑増えてきたしそろそろ要塞に遊びにでも行って見ますかね、
まぁ当面は240覚醒目指して爆進したいと思いますゎ(´∀`)ノ

2008.02.18

久々の開放感

テーマ:日記 - ジャンル:日記
ようやっと学生の一大イベント 期末考査 終わりました~
いろんな意味で\(^o^)/オワタ なわけなんですが、まぁこの後は学校の方で入試なんかをやるので四月まではもうなにも無いんですなぁ~、遊び倒す気満々であります。
テスト終わった開放感と共に浪費これがたまらない。
kg.jpg
久々に革靴を買いました~ さあこれを履いてどこに行こうか~ 靴を買うと最初はそんなこと考えてしまうのぉ。


さてさて、TWもこっからどしどし出現します。一気に200Lv越えてガンガン上げますよっ!廃人ぱうわぁ前回です!(`・ω・´) 相方のティチさんもがんがってくださいw期待してます

2008.02.15

茶色い物が安売りになりますね

テーマ:日記 - ジャンル:日記
なんとか修羅場抜けました~まぁ2隻程大撃沈ですが今のところ単位的にはセーフ(?)なので深く考えない事に、後残るは分類学か・・・まぁ専門そっちにいきたいのでそこそこ頑張るかなぁ、 というわけで月曜のラスト終わればウィバにも復帰します(多分)

一気に200歳 春の間は廃人再臨の予感ガクガク(((゚д゚)))ブルブル

2008.02.03

豆をまかれた 駄文

テーマ:日記 - ジャンル:日記
今日は世間で言うところの節分とやららしい。
しかし、試験勉強真っ最中の私には関係ないことである。いやそのはずだった。

ピンポーン

扉を開けるとそこに立っていたのはあからさまに不審な4人の御方々。なぜならば彼らのうちの一人は手に持った袋に大量の落花生(殻つき)を持っているのである。
何が起きたか把握も出来ていない次の瞬間には玄関のありとあらゆる物に落花生が散乱していた。

そう豆を撒かれたのである。彼らは豆を撒くだけ撒くと爽やかに他の同胞の下へと去っていった。玄関から部屋への扉を閉めておいたのは幸運だった。4人のうちの一人がどうも部屋の中にまで撒くつもりだったらしい。

ただ玄関に物を多く置いていたため彼らが去った後の落花生を回収する苦労は語るまでも無い。
こうして集めた落花生を一人黙々と食べ、勉学に勤しみこのブログを書き今日の締めくくりとする。
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。